ご無沙汰してますナカハラスズカですこんにちは。

こっちが疎かにならないように

とか。

誰が言ったのかしら誰か言ったのかしら。

あ、ミスドのミルクティー飲み放題いかなきゃ(使命感)


そんなわけで、
どんなわけか知らないけどそんなわけで

日々楽しく生きておりますが


ここ最近、やたらドラマティックで鮮明な夢を見ます。
映画みたいな。

ドキュメンタリーだったり
SFだったり
ラブストーリーだったり。

ラブストーリー、しかも主人公が自分
てなもん見た日にゃぁ
起きてその足で「天使なんかじゃない」とか「ときめきトゥナイト」なんぞ読みたくなるくらい
朝から甘酸っぱい気分にさせられるのですが

今朝見た夢はわりとSF。

-----------------------------------------
ここは日本のとある小さな、そして閉ざされた地形の海岸。
私はどういうわけかわからないけど、その近くに長期滞在してる模様。

その海岸には、地形の関係上、いろんな場所からのゴミが流れ着く。

その海岸で、流れ着いたゴミを片付ける男性がいた。

男性と知り合った私は、どういうものが流れ着くのか、
モノと、それにまつわる男性が想像したストーリーなんかを聞かせてもらっていた。

そんな中で、ある日見せられたゲームカセット。

見た目は、ファミコンとかのカセットに似た形状だけど、
やたらとデカイ。
ファミカセ4つ分くらいの大きさはありそう。

男性は言う。
「これに合うハードがどんなに調べても存在しないんだよね…」

なんでしょうね…
ラベル見ると市販品ポイ感じにちゃんと作られているけど。


気になった私と男性は、有識者を訪ね、集め、カセットの内容の解析をする。


そうして分かった中身は、RPGだった。


あたかもむかーしむかしの話を元にした、と言わんばかりの内容は、
日本に数々の災害、トラブルが襲いかかり
最終的に滅亡するというもの。

最初は小さなトラブルから
最後は大地震、大津波などが襲いかかる。

「なんだか、作り物にしては妙にリアルというか、嫌な感じするね」
とゲームを進めていく最中、
あるトラブルのニュースを目にする。


私と男性は顔を見合わせた。
このニュース、さっきゲームの中で見たよね。

次のイベントはなんだっけ。


その、「次のイベント」も数日後に現実で発生した。



信じられないけど
信じたくないけれど

信じるしか無いんじゃないか。


これは、未来から流れ着いたゴミなんじゃないか。
という突拍子もない結論。

遠い未来、災害により日本は滅亡し、
その遥か後に、その出来事を元に作られたゲームなんじゃないか。


二人は確信する。
そうすると、次にすることはもう決まっている。


起きることがわかっているのなら、
被害を最小限に食い止めることはできるはずだ。


世間は信じてくれない。
「そんな馬鹿な」と信じてくれない
私と男性は恐喝だのテロ予告だのとまで言われながらも声高に叫び
最終的な大災害の一歩手前の段階で
たくさんの被害が出たところでやっと信じてもらえた。

最後の最後。
壊滅は免れた。

生きていればなんとかなる。
去った津波を見ながらつぶやいた。


すると男性は、足元に何かを見つける。



「これ…○○○IIって書いてあるんだけど…」

続編…?


------------------------------------


ここで目が覚めた。

夢なのでところどころ辻褄が合わない部分もあるけれど
だいたいこんな感じ。
ひっさびさの大作だったわw

すごく楽しいけれど
夢のなかでこのテンションの話を見るのはちょっと疲れるわね(^-^:


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へにほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ